German

 

Thema 

 

Ich beschäftige mich seit zwei Jahren mit der Kombination meiner Malerei und digitalen Inhalten. Mich interessiert das Chaos der kulturellen Mischung und die visuelle Darstellung im Internet, welche als eine formlose Art des Konsums jede Sekunde von jemanden produziert wird. Meine Generation wuchs mit dem Internet auf und ich kann das nicht ignorieren.

Obwohl wir im Internet "visuell" die ganze Welt bereisen und unglaublich viele Informationen bekommen können, atmen, essen, fühlen, hören und leben wir in einer gegenständlichen, räumlichen Welt. Aber eine "reale Welt" im Internet gehört auch zu unserer Kultur und spiegelt jeden Sekunde des"Jetzt" wider. Niemand kann z.B. kontrollieren, dass es ab Morgen keine Katzen Videos mehr im Internet gibt.

Für meine Malerei skizziere ich auf meinen iPhone. Diese Skizzen bearbeite ich mit Photoshop und projiziere manchmal mit einem Beamer meine Skizze auf die Leinwand.

Auf Instagram suche ich Stempel. Im Suchfeld tippe ich das Wort "Buddha" ein. Dort kamen viele "Buddha" Kategorie Stempeln, die ich nicht weiß, wer wofür die gemacht hat und welche Art von Buddha ist. Sie sind " No Name Materials ", diese kann ich vielleicht schon Morgen nicht mehr im Internet finden. 

 

In meiner Malerei kombiniere ich das Motiv mit meiner abstrakten Malerei und Fantasie durch meinen kulturellen Hintergrund. Ich zeige eine malerische Kollision, die ein Motiv mit einem anderen Motiv zusammenstoßt. Diese Motive sind spontan, intuitiv und bewusst ausgewählt. Dadurch passieren mehrere Bedeutungen. Diese mischen sich und verschwinden und bekommen wieder eine andere Bedeutung. Trotz allem am Ende sollte die Malerei als eine "stille Kunstarbeit“ funktionieren.

Ich mag einfach Malerei.

 


Japanese

 

シンボル  ノーネームマテリアル(匿名素材)
 

私たちの社会には様々なシンボルが溢れています。絵文字、スマイリー、猫、バナナ、りんご、雲、トイレ標識、年齢制限禁マーク等々。それらは国や文化が違えば全く異なる意味や歴史があり、また受け取る人物によっては全く意味を持たない場合もあります。

自身の近作では、インターネット上で見かけた画像やSNSで使用されるスタンプ・Gif画像からインスピレーションを受けて制作をしています。私はこれらをノーネームマテリアル(匿名素材)と名付けました。これらの画像の多くは匿名であるとともに、消費財としてネット上に毎秒膨大に更新され続けています。

今日では、誰もが猫やポルノ、赤ちゃんや子供のビデオがネット上でのポピュラーなモチーフであることを認識しています。それらはキッチュ(俗なもの・けばけばしいもの・悪趣味なもの)であり、可愛く、面白く、そして良くも悪くも無邪気です。このシンボル的なモチーフに対する認識は社会的にコントロールされて作りあげられたものではなく、またコントロールできないものとして存在していきます。

 

意味と無意味衝突と消失 

 

私たちはビジュアル(画像・動画)や文字、音から情報を得ていますが、特にインターネット上でビジュアルから情報を得ることが多くなったのではないでしょうか。

ネット上では作者が多種多様な意図からアップロードした画像、動画、Gif、スタンプなどが無造作に存在しますが、それを強く意味があるもの・無意味なものと捉えるかは受け取る側の文化背景に大いに左右されます。様々な意味合いを持つ情報がぶつかり合い、それぞれが持つ意味が消滅し、また次から次へと新しい意味・情報が生まれていきます。

 

私はネットに溢れるカルチャーのジャングルから無造作に直感的にモチーフを選び、携帯電話やフォトショップなどで下図を描きそれを元に制作をします。プロジェクターで投影し線のみを抽出し下書きに利用することもあります。しかしその下図をただ写す・模写をする という意識では描いておらず、絵は制作中にどんどん変化していきます。様々なモチーフを一つの画面上で構成し、且つ絵画作品としての空間を表現すること・あえてデジタルの下図から ” 絵を描く ” という原始的な行為に切り替えることで、気にも留めないようなモチーフらがつながりを得て一つの作品として提示されます。

人によって見方が180度違うモチーフを選んで描き、様々なモチーフを一つの画面上で共存させることで起こる新しいイメージを毎作品ごとに実験しています。