Thema 

 

Die Änderung und das Fortlaufen von Farben und Formen ohne Begrenzungen interessieren mich sehr. Inspiriert durch die Unendlichkeit des Universums im Kontrast zu meiner eigenen Endlichkeit begann ich mit weichen organischen Formen ohne klare Ecken und Kanten zu malen. Als Endlichkeit beschrieb ich die Formen von Alltagsgegenständen, welche für mich das Leben symbolisieren.

 

Inspiration

 

Was mich inspiriert hat ist die Frische, aber auch die Vergänglichkeit von Obst. Am Anfang sind Sie frisch und saftig und strahlen eine Vitalität aus. Nach ein paar Tagen jedoch verliert die Frucht immer mehr an Wasser und Lebensenergie und verschrumpelt oder schimmelt.

Als Kontrastpunkt zu diesem sehr lebendigen Symbol von Obst, arbeite ich mit eigens erstellten Keramikformen, die manchmal an Steine oder ähnliches erinnern. Sie können ewig existieren, außer wenn Sie von äußeren Kräften zerstört werden.

Diese beiden Seiten betrifft, meiner Meinung nach, den Menschen. Die Menschen haben eine begrenzte Zeit auf der Erde, bzw. als lebendiges Wesen. Trotzdem thematisiert der Mensch immer seine eigene Unsterblichkeit. Sei es der Glaube an einen Gott oder an einer Religion oder der Versuch der Wissenschaft, das Leben zu verlängern. Wir werden geboren und kennen nur das Leben. Daher ist der Tod für uns unvorstellbar. Darin sehe ich ein Spannungspunkt welcher wahrscheinlich nie ganz geklärt werden kann und was mich inspiriert.


コンセプト
私は、変化・連続していく色彩、制限のない形に興味があります。
宇宙の無限の広がりと自身の有限性にインスピレーションを受け、有機的な形やエッジがある形状を描き始めました。無限/有限を表現する方法として、私日常生活で目にする物体や対象を生命を象徴するものとして独自の 形(Die Form” にトランスフォーメンションし描写しています。
 
作品を制作するにあたりインスピレーションを受けたのは、新鮮で儚い“果物”です。私たちは普段当たり前のように果物を目にしますが、果物は水菓子と呼ぶくらいとても新鮮で瑞々しく、色鮮やでバイタリティーに光り輝いています。しかし、その瑞々しさは時の経過とともに失われ、水分を失い、腐り、乾燥していきます。
生命力のシンボルの対極として、日常生活で目にする無機質な工業製品やネット上で見かける画像を連想させるハードエッジな幾何学の形を描いています。日常に溢れる”物”は、外的な力によって破壊されない限り様々な形で存在し続けることができるのです。

インターネットで掲載される”画像や動画、情報についても同じことがいえるのではないでしょうか。新しい”形”としてネット上に残っていきます。
それら有機物と無機物の混在からインスピレーションを受け、粘土を使い陶器で様々な形を制作しています。陶芸で制作した形は絵のモチーフとしても登場します。


人は限られた時間をこの地球で生きています。
時間が限られているからか、人はそれに抗うように 不滅・不朽・不死を主題として扱います。神への信仰や宗教、思考や魂としての永続、科学により生命の延命を試みています。死を想像することはできても、生きている限り”無”そのものを経験することはできません。
生の象徴である私たちがおそらく理解し得ることが出来ない”有”と”無”にインスピレーションを受けて作品制作をしています。